実はコツがあった!あの人が安い引越しを実現できたワケ

男性

引っ越しの費用

作業員

相場を知ろう

安い引越し業者を探すときは、まず相場を知る必要があります。引越し業者の料金は引っ越し先の距離と荷物の量、人数やオプションサービス等によって決まるので、おおよその費用をあらかじめ算出することが可能です。相場を知っておくと引越し業者を選ぶときに料金が高いのか安いのか判断することができるようになります。料金は距離が短く荷物が少ないほど安くなるので、引越し業者を比較する前に出来るだけ荷物を減らしておくようにしましょう。相場より安い業者はサービスの質が低い場合があるので注意が必要です。引越し業者を選ぶときは料金面だけでなく、サービス面を比較することも大切です。最後は自分が納得できる業者に依頼するようにしましょう。

閑散期を狙おう

引越し料金を少しでも安く抑えたいのであれば、安い時期を選ぶことも大切です。引越し業者が忙しくない閑散期が安い時期といえます。引越しシーズンが落ち着く6月や11月は引越しする人が少ないので、料金も安くなります。逆に3月や4月などの繁忙期は閑散期と比べて料金が倍近くに跳ね上がるので、料金を安く抑えたいのであれば繁忙期を避けることが必須となります。また、月の最終週や週末も料金が高くなる傾向にあるので、これらの時期は出来るだけ避けるようにしましょう。一番おすすめの時期は閑散期の月初めの平日です。とくに引っ越し先が長距離になる場合は引越し費用も通常より高くなってしまうため、なるべく閑散期に引っ越すことをおすすめします。

荷物

新生活への完璧なスタート

単身赴任や入学などで引越しをする際は、早めに梱包を済ませておくと引越し作業がスムーズにいきやすくなります。また、引越し業者の運搬用の自動車は大きいので、自宅周辺の道路の道幅は事前に確認し、伝えておくと良いでしょう。

ウーマン

引越し情報

引っ越し業者を選ぶ際はインターネットを活用しましょう。引っ越しに伴う荷物の破損などのトラブルを未然に防ぐためにも、業者に見積もりを依頼する際は補償サービスがあるかどうかをきちんと確認するようにするべきです。

電卓

契約は慎重に行おう

引越し業者を選ぶ時は、必ず何社か見積もりをとりましょう。業者によって違いがありますし、見積もりは無料で行ってくれます。また引越し時期が決まっていないのであれば、オフシーズンがお得です。費用が安かったり特典がついたりします。